ORDER HOUSING

依頼先

注文住宅を建てる場合は、その設計や施行を依頼する業者を決める必要があります。
主な選択肢は、ハウスメーカー、工務店、設計事務所の3つです。
どの依頼先が一番良い、というのは無く、自分のイメージや家づくりに合った依頼先を選ぶことが大切なのです。
そのような依頼先を選ぶ場合は、それぞれの依頼先の特徴、メリット、注意点を理解する必要があります。
特徴を理解していないと、注文住宅を成功させることはできません。

工務店とは、総合的な工事を請け負っている業者のことです。
注文住宅の設計から、施行までを請け負っていますが、工務店と一言で言っても、店舗によって特色が異なります。
棟梁タイプ、設計重視タイプ、施行専門タイプ、フランチャイズタイプ、ハウスメーカータイプ、ディベロッパータイプなど様々あります。
ハウスメーカーとは、規格住宅、工業化住宅を販売、施行している会社のことです。
ハウスメーカーも、工務店と同じで、設計から施行まで1つの会社が行います。
ただ、ハウスメーカーの場合は、自由度が高い注文住宅の場合でも、あらかじめ基本仕様が決まっています。
そのため、自由設計の注文住宅と言っても、あらかじめ認可を受けている型式適合認定の範囲内の設計になるのです。
ですから、場合によっては、自分の希望通りの注文住宅を作れない場合もあります。

設計事務所とは、建築家が所属している法人のことです。
設計事務所には大きく分けて2つのタイプがあり、1つは、1人の建築家が中心となっている個人事務所と、複数の建築家が共同で運営している組織事務所です。
建築家は基本的に、家づくりの設計に携わっている人のことです。
施行から独立していることがほとんどなので、設計事務所に注文住宅を依頼したら、その設計事務所と提携している工務店が施行を行うことになります。