ORDER HOUSING

スケジュール

注文住宅のような、家をゼロから作る方法は、時間がかかります。
家づくりのイメージができていて、すぐに施行を始めることができれば半年で入居することもできますが、一般的には様々な部分で迷うことが多く入居までには、1年〜2年ほどかかります。
すぐに入居することができないのが一般的ですから、子供の入学や、仕事の転勤などが決まっている場合は、その時期の1年前〜2年前から準備しておいた方が良いです。
家づくりにかかる期間は、依頼先、工法、施行内容によっても変わります。
プレハブ系の工法の場合は、着工から施行までは3ヶ月程度の期間ですが、在来工法、ツーバイフォー工法などは4ヶ月間程度かかります。
雪が多い地域の場合は、大雪が降って工事を順調に進めることができなかったり、大風が来たり、大雨が来たり予定より遅れることもあります。

注文住宅を行う場合は、まず、家を建てるタイミングを考えます。
人それぞれ注文住宅を建てるタイミングは異なりますが、結婚、出産、子供の進学、仕事の定年などがあります。
このようなライフスタイルが大きく変わるタイミングで、注文住宅で家を建てる人が多いです。
注文住宅は、まず土地を購入する必要があります。ですから、住みたい街を決めておいて、そこから土地を探すことになります。

土地を購入したら、次は家を建てるための依頼先を探します。
それから家づくりのプランを決めて、確認申請を行ったら、着工していきます。
施行が始まったら、後は業者に任せきりでも良いのですが、工事現場に足を運ぶこともできます。
施行が終わったら、引き渡しを行い、入居することができます。